Post

ツインフェアリー

2012
03
18





今日お越しになられたお客様が

可愛らしい妖精ちゃんのフィギュアを

おふたりお持ちくださいました。

背丈は12~13センチくらいで

ピンクのワンピを着て

薄く丸いピンクの羽をつけています。

頭にはお花の髪飾り、

足元には薔薇の飾りが施してある、

ちいさな女の子の妖精たち。

何人かいた妖精のなかで

ふたりを選びお家に連れて帰られたご縁なんだそうです。


この子たちを鞄から出された途端、

とっても元気なエネルギーを感じました。

そしてペチャクチャペチャクチャと

お話する声


まぁまぁ、なんてお喋りな妖精ちゃん

このお客様のことを

わたしに聴いてほしくて色々話してくれました

中には、

「もっと綺麗な色の服を着て

「アクセサリーも着けて

「おしゃれして~

と、色々言ってくれます。

そしてもっと自分たちを

一緒に外に連れてってほしいとも

このお客様は

ご自身の癒しの場所として

自然の元へよく出かけられる方なので、

「その時に私達も一緒に連れてってよ~



そのお客様は

今日は『エンジェルライト・イニシエーション』のアチュに来られたのですが、

アチュの間に妖精ちゃんたちが

自分たちの本当の姿を見せてくれました。

実際には、そのフィギュアよりすこし落ち着いた少女の妖精たち。

赤い服を着た双子の妖精でした

お店で何人かの妖精の中から

ふたりをお選びになられたのは必然だったのです。



妖精ちゃんは

お花を育ててほしいとおっしゃいました

薔薇が浮かんだので

「薔薇はどうですか?」とお聴きすれば、

お部屋のなかには観葉植物しかないけれど

お花はお庭にすこしあって、

壁つたいに赤いミニ薔薇があると

妖精ちゃんたちは、

その薔薇が咲いたら一本切って

部屋の中に飾ってほしいと言われました。



赤いミニ薔薇・・・

その薔薇は、お客様の亡くなられたお父様が

大切に育てていらした薔薇だったそうです。

赤い服を着た双子の妖精たち

もしかしたら亡きお父様が

娘さんを想って遣わされたのかしら?


とっても心が温かくなりました

この妖精ちゃんたちとお客様のエネルギーが

まるで三つ子のように感じられ、

とっても素敵な愛で結ばれていたからでしょう

























関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Trackback

Open