Post

2日目 自分と向き合う会

2012
09
10




さて2日目。


自分と向き合う会は、通常7名なのですが


今回は24名のご希望のうち10名の方が選ばれました。





京都では初めての「自分と向き合う会」です。


多分、参加者の方々は、


どんなテーマと向き合うことになるのか?


自分は光たちから怒られるのか?


どんなことを言われるのか?


と、怖い気持ちを持ちながら、昨日を迎えられたと思います。


自分と向き合う会は参加者の方の共通のテーマがあります。


自分のなかに今も抱えているものですね。


それは向き合い、手放すべきものです。


光に向いているひとたちには


その向き合う作業には光の存在たちの


温かいサポートがしっかりとあります。


ひとりで向き合うのではないのです。


なので、この会に選ばれたということは


その抱えているものを手放せる絶好のチャンスであり、


あなたにその準備ができたということなのです。




今回のテーマは「怖い」でした。


「怖い」もいっぱい種類がありますよね。


不安と結びつく怖い。


怒りと結びつく怖い。


たくさんの「怖い」と向き合う方法、コツを


静香さんから教えて頂いて


皆さんはそれと向き合う覚悟と決意をされたことと思います





光の会は素晴らしいと思っていましたが、


この「自分と向き合う会」もホントに素晴らしいです。


なぜ、向き合わなければならないのか、


向き合った先にあるもの、そして向き合わなければどうなるのか?


そういうこともしっかりと教えて頂きます。


それは頭で理解することではなく、


魂で受け取り、感じ、腑に落とすものです。




自分と向き合ったあとは、


魔法の国の動物たちが降りてきてくれました。


今回わたしは参加者ではないのだけど、


わたしにも降りてきてくれました。


6月に静香さんのサロンで来てくれたのは


ラブリーなコジカちゃんでした


彼を「ナナちゃん」と名付けました。


おとこのこなのにナナちゃん


何故かわかりませんがそれがいいのだそうで、そう呼んでいます。


そして、会で来てくれたのは


なんとイルカちゃんと雌じかちゃん。


イルカは2日に広島で頂いたフローライトの子だと思いました。


この子はレイモンドって言います。


どっひゃ~~~な名前ですが、どうしてもそれだと言うので。。。


ほんとはもっと可愛らしい名前にしたかったのだけど。。。


そして、雌じかちゃんは「ルイ」と名付けました。


彼らは、名前をつけてあげると自分の中に入ってくれます。


この子たちも勿論サポートをしてくれるのです。


ウキウキしますね~




そして今回、参加者ではないのに


光の存在からメッセージを頂きましたので


シェアさせて頂きます。



『今回、あなたは光の導き手として参加しました。


今後は人間たちを光へと導くということが役割となったのです。


以前よりあなたはすこし自信が出てきましたが、


私達からみれば、まだまだです。


自分にもっと「自信を持つ」ことを言い聴かせること。


自信がもっと持てたとき、あなたは自分が考えているより


もっと大きなことが出来るのだと気付くはずです』






今月にはいってから


アメブロをスッキリ退会して


第二章が始まりました。


その展開はとてもはやく


しかも光の守護・導きの手厚さに驚いています


自分の役割をちゃんと果たすこと、


その為にちょっと忙しくなって家にいない時間も増えましたけど、


3次元の心配事は光たちにお任せして


おひとりおひとりと向き合って行きたいと思います。


あ、そうそう


自分と向き合う会で空を飛んだとき、


故郷の惑星に行きました。


とても平和で居心地のいい故郷で言われたメッセージ。


『あとすこし、地球を楽しみなさい




この二日間は気付きと学びの濃厚な二日間でした。


参加者のみなさま、どうもありがとうございました。


そして、たくさんのことを教えて頂いた


光の存在と静香さん


ありがとうございました。



心からの感謝をこめて




PS。明日は東京へ~

  今夜荷造り頑張りまっす







スピリチュアルサロンFuWaRiのHPはこちらですベル

http://www.fuwari476.com




スピリチュアルサロンFuWaRiの携帯サイトはこちらですベル

http://www.fuwari476.com/mobi/





















































関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Open