Post

地に足をつけ生きること

2012
11
04


おはようございます。

いつもお読み頂きましてありがとうございます。

今日は、札幌から帰ってから思っていたことを

書きたいと思います。



札幌から帰ってきて、

ある種のメールが増えました。

そのメールの細かい内容は違うのですが、

みんな根本は同じことを悩んでいらっしゃるのです。


『こんなことが続いてますが、闇の仕業でしょうか?』

『ずっと気が重い日が続いてますが、闇に堕ちたのではないでしょうか?』

『わたしは(或いは○○さんは)ホントに光に生きてますか?』

『わたしは大丈夫でしょうか?』


先日もマリア様のメッセージを載せさせていただきました。

みなさんが不安や恐怖に押し殺されることなく、

なにが真実でなにが大切なのかを感じ見極め

光の中で生きていけるようにと、

マリア様のおっしゃったお言葉です。


不安や恐怖はすべてにふたをし、ベールをかぶせ

ちからを奪ってしまいます。

でも、その不安や恐怖を作り出しているのは

誰あろう、あなたなのです。


いま、あなたにとって大切なことは

『光か闇か』にばかり心を奪われることではなく、

毎日を精一杯生きることです。

今日、目がさめて一日がはじまったこと、

健康でいられたこと、

家族が揃ってごはんを頂けたこと、

空が青いこと、

太陽が輝いていること、

木々の葉っぱが赤く染まること、

あなたはどれを感じることができましたか?

どれに感謝ができましたか?


今日、今、生きていることに感謝が出来ないで、

自分が闇なのではないかと疑いもやもやしていて、

生きていると言えますか?


あなたが生まれてきた目的は

人生を経験することです。

人生は自分にとっていいことばかりではありません。

思い通りにいかないことも多いです。

悲しいことも、悔しいことも、嬉しいことも、楽しいことも、

すべてが起こるものなのです。


光か闇かにばかり心をむけないで、

自分は光に生きるのだと決心しているならば、

それを即実践してください。

いまは、実践の時代です。

ひとに愛を持って接してください。

生きているちいさな動物、植物、すべてのものに

愛をもって心をむけてください。

そして、いま生きていることに感謝ができるようになったとき、

あなたは地に足をつけて

しっかり生きているのです。


今日・今を生きてください。

















関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Open