Post

ビートルズでお別れ

2013
02
21





今日は 身内の告別式でした。

主人の義理の兄にあたる者なのですが、

心筋梗塞を患ってから

一か月病院で生死をさまよいました。




告別式は 家族葬。

親・兄弟・子供だけです。

式場でも故人の好きだったビートルズが流れていて

しめっぽい感じのお別れではありませんでした。




式場に入って

まずわたしは義兄を探しました。




ビートルズの曲に合わせて踊ってる。。。(^_^;)

彼とは28年くらいの付き合いですが 踊る義兄を初めてみました。

なんか。。。かる~~い



亡くなる前の一か月は きっと苦しかったでしょうけど

いまは生前のすべての「苦」から解放されて

ホントに楽しそうに踊っていました。




時折 遺してゆく妻や子供たちの涙をみては

悲しそうにしていましたが

「死ぬことは悪くない」とでも言いたそうな明るい様子に

わたしも随分救われました。




すこし話をしましたが

プライベートなことなので内容は書けませんが

亡くなった義兄はやはり愛のみでした。

波乱万丈な人生を送ったひとでしたが

短いながらも 命をまっとうしたことで

光輝いていることは わたしにとっては嬉しいことでした。




遺した妻や子供たちには

とにかく 幸せであってほしい。。。

それしか言いません。

それどころか 「自分のことはもう忘れてもいい」とさえ。。。

「これからの人生を楽しんでほしい」と。



この肉体を脱ぎ捨てるとき

わたしもこのように踊れるだろうか?

自分の告別式に来てくれたひとたちをみて

ひとりづつに頭を下げお礼を言い

「死ぬことは悪くない」と言えたらいいな

お兄さん また会おうね
























関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Open