Post

恐怖の源

2013
03
14



昨日お越しになられたお客様から

また大きな愛の分かち合いを頂きました。

ご本人の許可をいただきましたので

シェアさせて頂きますね。




その方は30代の女性で

お子さんが3人いらっしゃいます。

サロンにお越しくださったのは2年ぶりくらいなのですが

最近 パニック障害を発症したとのことでした。

お薬を飲んで少しづつ落ち着いてきたけど

まだ完全には治っていないということでした。




春のフェアリーメッセージで

たくさんのことを妖精がお話くださいました。




まず、その女性のある過去生を見せてくださり

その時の女性の子供さん(男の子)が

お家の近くの池で溺死されたことがわかりました。

その人生では、子供さんを亡くされたことで

ご自分を責めつづけ、決して許すことなく

残りの人生を生きられました。




母親として自分を責めるしか、

怒りの持って行き場がなかったのです。

「事故死」ですからお母さんのせいではなかったのに

「あのときにああしていれば・・・」

「わたしが○○だったら・・・」

と、ずっとずっと自分のせいで息子が亡くなったのだと

責め続けました。



その過去生を

女性は勿論覚えていらっしゃいませんでしたが

自分より子供が先に亡くなるのではないか、

という恐怖が なぜかいつも付きまとい

それが「恐怖から動く」ということになり

子供さんの命を気にかける日々のようでした。

 

そして 最近発症したパニック障害は

ある時 子供さんの具合がとても悪くなったときの

とてつもない「恐怖」から始まったように思う、

何か過去生が関係しているのかも・・・

と思われていました。




今世では、

子供さんをプールに連れていったり

スイミングを習わすことが怖くてできなかったこと、

レイキなど色んなエネルギーワークを習得されていますが、

子供さんに毎日ヒーリングをするようにされていて、

しないで寝てしまった日があると

とても罪悪感を感じてしまい

「ヒーリングしなかったせいで、具合が悪くなったらどうしよう」

そんな風に思うことが度々あったということでした。



そして、子供さんが体調を崩したときには

恐怖心や罪悪感でいっぱいになっていたそうです。





妖精からはこのように言われました。




『 まず、いい母親であろうとするのを

ちょっとやめてみてください。

いい母親でないといけない、と

「~ねばならない」になっています。



そして あなたはどんな時でも

優先順位は子供さんが一番でしょうが、

そこにご自分も入れてください。

自分を一番に持ってくる必要はありませんが、

子供さんと同列に持ってきてあげてください。

あなたは過去生で自分を責め続け

愛ではなく怒り・憎しみを自分に向けてきました。

今はもう愛を向けるときなのです。

子供さんとおなじように

もっとご自分を愛してあげてください。





それから

ご自分を許さずにいた過去生と向き合って

そのときの悲しみ・苦しみを認め

その過去生のご自分に

「苦しかったね、悲しかったね。

こんなに自分をいじめてごめんね。」

と、おっしゃってあげてください。

そして、もう子供さんは

あなたより先に亡くなったりしないのだと

知ってください。

子供さんたちは大丈夫です。

あなたも大丈夫です。



あれは過去で起こったことで

これから起こることではありません。

ご自分に もう大丈夫だと言ってあげてください。』





「大丈夫」という言葉はとても抵抗があるようでした。

「大丈夫だと思って もし大丈夫にならなかったら・・・どうするの?」

という怖さが先に出てくるとのことでした。



大丈夫と思えば 大丈夫が引き寄せられます。

どうしよう・・・怖い・・・

そう思えば それと同じ高さのものが引き寄せられます。

なので、大丈夫だとご自分のなかで宣言するのです。





『あなたは それを手放せるちからがあるんだよ。

大丈夫 だから頑張って向き合って。

もう子供たちは安全で大丈夫だと思えた時、

魂は浄化され、心は晴れ

パニック障害もきっと改善されていくでしょう

恐怖でいっぱいだったあなたの魂は

やっと解放されるのです。』



妖精たちのことばが温かく沁みました。








*~*~*~*~*~*~*





ご自分の過去生と向き合うことは

とても辛いものだと思います。

子供を死なせたのは自分のせい、と思っている過去生です。

それはあなたのせいではなかった、

子供さんは その人生は短い人生を選んでいて、

生と死を周りのひとたちに投げかける役割だったこと、

だからあなたのせいではないのですよ。

あなたはなにも悪くないんです。



それを認め そのときのご自分に謝り

それを手放すことへと繋げるのです。

とても辛い作業でしょう。

でも、その過去生を知ったということは

それを手放せるときが来たということでもあります。





それから、

その方はその過去生の恐怖から

いつも呼吸が浅いと言われました。

深呼吸をしましょう。

天使や妖精たちと繋がるには

深呼吸が必須です♪

リラックスして深呼吸を心がけてください。

そして、いつもたくさんの天使たちを呼び

守ってもらいなさい、と。




ちゃんと過去生と向き合い昇華させること、

自分を責め、憎み、怒りのなかで生きていたご自分を

こんどはしっかり愛してあげる時が来たのです。

女性は 来られたときとは

お顔の輝きが違いました。

「やれることから頑張ってみます」

そうおっしゃった笑顔は

とても美しく愛に満ちていました。





注: パニック障害の原因は

すべてが過去生に起因するものではありません。

今回の方の場合は

それも引き金になったとのことでしたが

ヒーリングや過去生療法だけで 

完全に改善するものではありません。

必ず 専門の医師の診察をお受けください。




今日も最後までお読みくださり

ありがとうございました。




愛 感謝をこめて


















関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Open