Post

ノートルダムとサントシャペル

2013
06
09



5月31日

ルーブル組とレストランで落ち合い

ランチを頂いてからシテ島へ移動しました。

シテには ノートルダム大聖堂と

今回お初の サント・シャペル教会があります。




パリのノートルダム大聖堂はゴシック建築の最高傑作であり

今年は建築850年のアニバーサリーということで

いつもと違う展示物もありました。


CIMG1788.jpg




ノートルダムという名を冠した教会堂は

フランス意外の国にもたくさんありますが

「我らが貴婦人」という意味の

聖母マリアに捧げられた教会堂です。


CIMG1793.jpg



ステンドグラスも美しく 

彫刻も素敵でした。

CIMG1797.jpg



ここにも 聖ジャンヌ・ダルク

CIMG1790.jpg


主祭壇

CIMG1799.jpg


主祭壇にはあまり近づけないようになっていて

これが限界でした。

CIMG1814.jpg


CIMG1800.jpg





そのあとすぐ近くのサント・シャペル教会へ行きました。

こちらは裁判所のなかにあるので

セキュリティがとても厳しく

チケットを買うよりセキュリティに並びます。

わたしたちも何十分か並びました。




サント・シャペルは 

元々は イエス・キリスト受難の聖遺物を

保存するために創られました。

そして 見事なまでのステンドグラスが有名です。


CIMG1817.jpg


CIMG1832.jpg


DSC_0121.jpg


ホントに創りが細かく見事でした。

DSC_0129.jpg


DSC_0125.jpg


CIMG1830.jpg


ここにも薔薇窓

CIMG1820.jpg



CIMG1822.jpg



DSC_0122.jpg



サント・シャペルは

現存する最古のフランス王宮の建築物となっています。

CIMG1821.jpg







最後の夜は 

ラ・セーヌのディナークルーズを楽しみました。

わたしたちにとっては あっという間の日々でしたが

それぞれが 役割を果たし

調和された愛のもとに 過ごさせて頂き

本当に貴重な旅となりました。

旅の無事をお祈りくださった皆様

本当にありがとうございました。

そして 最後まで長々となりましたが

お読みくださり感謝いたします。




次回は聖母マリア様のメッセージです。


CIMG1840.jpg










関連記事

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Open