Post

胸震える魂の再会

2014
04
14





こんばんは。

いつもお読み頂きまして

ありがとうございます。




今日のセッションは

私にとって 魂の再会をさせて頂いた

ありがたいセッションとなりました。




お客様は 京都河原町五条のヒーリングサロンで

霊視やチャネリング、ヒーリングなどをされている

萃紅(すいこう)さんでした。

この方が お越しになるまえに

守護天使様や

アフロディーテ様にお聴きしたところ

「その方はあなたの師匠のような方で

何度も一緒に生きていらしたのですよ。

目を見れば懐かしさですぐにわかるでしょう。」

とのお言葉でしたので

少々緊張しながらお待ちしていました。




サロンにいらしたとき

もう一目で 私の心が躍るのがわかりました。




ご挨拶の時点から

あんなことされてましたよね?

こんなことされてましたよね?

と、過去生のことを

矢継ぎ早にお聴きしましたら

ご本人も当然のごとくご存じで

必然の再会なのだと感じました。





私が マグダラのマリア様の

弟子だったときに

萃紅さんは「姉弟子」でいらっしゃいました。

元は イエス様のお弟子さんでおられて、

マグダラのマリア様が イエス様の磔刑後

南フランスに渡られたとき一緒に来られて 

その後 マグダラのマリア様の

右腕のようなお弟子さんになられ

愛を広めていかれたのです。




わたしは出来の悪い弟子でしたが

彼女はとても優秀で素晴らしい女性でしたので

姉のようにお慕いしていたようです。




そのほかにも 神官だったとき

シスターだったとき

魔女狩りに遭ったときなど、

今世に影響を及ぼしている過去生では

よく一緒だったようです。





今日は

聖なるマリアライトとアフロディーテの

アチュを受けてくださったのですが、

マリアライトのアチュの前に

聖母マリア様から

「ルルドの聖なる水を差しあげなさい」と言われ

残っていた最後の小瓶を

お渡しさせていただきました。




この小瓶のお水は

あれ以来ずーっと 持ち主となる方を

お待ちされてたそうです。

お渡しする最後の方が

この方だったとは。。。





そして

アフロディーテのアチュのときは

女神様からピンクの薔薇を捧げられ

そして頭上から、

薔薇の花びらを たくさんまいて頂き

「愛 癒し 大いなる美を備えたあなたに敬意をこめて」

と、女神様のお言葉を頂かれました。

素晴らしいですね~。




お帰りになられたあとも

何とも言えない熱い想いが消えず

暫くボーっとしていました。




私たちがご一緒だった過去生のひとつ

マグダラのマリア様のご縁を頂いた記事です。

この勇気ある少年のスピリットに

また今日 改めて感謝いたしました。

のりさん、ありがとう

イエス様の磔刑を見守った少年






最後までお読み頂き

ありがとうございました。


マグダラのマリア












関連記事

Open