Post

      

高次元のエネルギーの恩恵

2014
05
11






こんばんは。

いつもお読み頂きまして

ありがとうございます。





レイキやナチュラル・レイ・ヒーリング、

その他の高次元のエネルギーワークは

基本的に自分のエネルギーを一切使いません。




流し手は

ただパイプになってエネルギーを流すだけで

そこに流し手の意図・コントロールを有しない、

それがエネルギーワークの基本であり、

最も重要なこととも言えます。




自分のエネルギーを使わなければ

流れるエネルギーは

高い波動のもの、のみとなり




逆に 流し手が

エネルギーをコントロールすれば

その高い次元のエネルギーは

流し手(人間)の低さにまで落ちるのだと思います。





今お勉強していることは

自分のエネルギーを使い

それを色々操作するので

講習が終わったらどっと疲れます。




そう、

自分のエネルギーを使うと疲れるのですよね。






パイプになるだけのヒーリングは

何百人に流そうと、何時間流そうと

全く疲れることはありません。

疲れるどころか、必ず自分を通して流れていくので

使う度に自分も癒される。





高次のエネルギーの恩恵を

今ふたたび

「なんてすごいんだろう・・・」と

痛感しています。





ただ流すと意図すれば

エネルギーは過不足なく自動調節され

その方に必要な癒しが起こる





ホントに凄いですよね。

人間のレベルを超えたものを

私達はこんなに簡単に

使わせて頂いてるのです。






ありがたいです



ナチュラルレイ


















関連記事
      

Open