Post

浄化期間の心の持ち方

2015
02
24







お辛い浄化が

続いていらっしゃる方へ。

先ほど 天使ちゃんから頂いた

浄化期間の過ごし方を

お伝えいたしますね。






心の持ち方としては

一喜一憂しないこと。






人間的に、というか

3次元的に

いいことも悪いことも

いちいち拾い上げ一喜一憂せず

すべてが

祝福されていることとして

受け入れる。







言い換えれば

大きな、広い視野で

物事をみることが大切です。

そうすることにより

今自分に起こっていることは

必然であり

祝福されていることだと

わかるでしょう。






そして

心に沿った言動を心がけてください。

体裁や世間体、

ご主人がどう思うとか

ご家族がどう思うとか

ではなく、

自分の心に沿った言動こそが

自然に浄化を促すことになります。






浄化が続くと

心身ともに敏感になり

いつもの自分と違い

不安を感じたり

物事がうまく運ばず

停滞してるように感じ焦ったりしますが

どうぞ ゆったりと

「受け入れます」

とアファーメーションしてください。

すべてが学びであり祝福です。

必ず夜は明けます。

大丈夫です。

ご参考になれば幸いです。








kako-H9cIHekkknEmnK5D.jpg
















関連記事

Open