Post

      

はてしない物語

2016
04
13







こんばんは。

いつもご訪問頂き

ありがとうございます。






むか~し映画化された

ファンタジー大作の 『はてしない物語』

映画は『ネバーエンディングストーリー』

というタイトルで

もう30年くらい前かと思いますが

ファンタジーの傑作として

今もファンは多いと思います。







その原作本のご紹介を

ある方がされていて

とても懐かしい気持ちと

わくわくする気持ちがありました。







映画を観たのも相当まえだし

細かいとこは覚えてないので

原作本を読みたいなと

わくわくしてAmazonさんへGO☆

ちょっとお高いのですが

豪華装丁本のほうがオススメと

ありましたので 

そちらをチョイス。








ネバーエンディングストーリーは

ファルコンという犬の顔をした

竜が人気でしたが

わたしは「幼ごころの君」という

お姫様がとても印象深かったです。

幼ごころの君って、

なんて素敵な名前なんだろうと

アメリカのセンスではない

ヨーロッパの空気感(笑)が好きでした。






そうそう、原作者は

ミヒャエル・エンデ。

『ミカエル』ですね~

スピリチュアル的な要素の濃い内容で

わたしもオススメです。

DVDのほうも

GWの休暇あたりにでも

観たいなぁと思いました。









ネバーエンディング




















関連記事
      

Open