Post

セッションキャンセルのお詫び

2016
09
11







おはようございます。

随分ご無沙汰しておりましたが

それでもご訪問くださり

ありがとうございました。






先週の火曜日、

ももの肛門腺が破裂してしまい

急きょ 休診のところを

処置して頂きました。






またカラーを着けて

投薬の日々が始まって

ガックリ来ていたのですが

お昼はよく寝る子なので

わたしも油断してしまい

後日 短時間だけと思って

仕事に行ってる間に

患部をなめて

大出血をおこしてしまって

通院の日々が続いていました。






最初に破裂だと思ってたのは

完全な破裂ではなかったらしく

そのまま舐めなければ

1週間ほどで

完治へと向かったようなのですが

スコティッシュは他のにゃんこより

身体が柔らかく

カラーを着けてもうまく首をもっていけば

患部に届いてしまうのです。







おとなしく寝てるし 仕事もたまってるし

という私のエゴまみれな考えで

ひとりにしてしまい

結局 大きく破裂をすることになりました。







抗生物質がまた合わず

下痢も始まり

ちょっと動くだけで患部からの出血と

うんちが出てくるので

あとをついて回らなければならず

24時間監視体制です。

おまけに もう絶対届かないように

カラーの首元にタオルとガムテを巻かれ

ももとしては

かなり ストレスなことになりました。







カラー9月8日








3年前に ルルドから帰ってきた夜に

はじめて 肛門腺破裂ということがあり

その翌年も 破裂寸前になり

処置して頂いて、

またこういうことにならないようにと

2か月に一度 

病院で絞って頂いてたのですが

今回は 1か月あまりしか経ってないのに

破裂ということになり

この姿にも ガックリ来ています。







おしっこも24時間以上出なかったので

腎臓の機能が落ちたのかと思いましたが

どうも ストレスのようでした。






と いう訳で

先週の金曜以降の対面セッションを

キャンセルさせて頂き

また振替をさせて頂くことで

お客様にはご連絡を致しましたが

本当に申し訳なく思っています。

目途がつきましたら

またご連絡いたします。







それから 

インスタで事情を知った方たちが

祈りやヒーリングをずっとしてくださってて

感謝しております。

本当にありがとうございます。






一日もはやく 完治して

エリザベスを外して貰えるよう

向き合っていきます。

ありがとうございます。






カラー9月8日2














関連記事

Open