Post

聖エメラム教会

2017
04
17






レーゲンスブルグの大聖堂のあとは

聖エメラム教会へ行きました。





ここは、中世時代に郵便システムを作り上げ

莫大な富を築いた

トゥルン・ウント・タクシス家の

お城の付属教会で

かなり古く ひっそりとした外観です。




エメラム2






エメラム1





聖セバスチャン像

エメラム3







えめ4







外はひっそりなのですが

一歩足を踏み入れて

そのロココ調の豪華な内装に

言葉を失います。


えめ5








8世紀にベネディクト会の

聖エメラム修道院の付属教会として

バジリカ形式で建てられ、

11世紀中頃にロマネスク様式に拡張、

18世紀にアザム兄弟によって

バロック様式に変えられたそうです。

そのため 不思議な配置をしていて

白地に金色装飾の豪華な礼拝堂に

木製の天井、石造りの墓碑と

時代の変遷を感じさせる教会となっています。


えめ11







えめ8







えめ7







えめ6







えめ12








えめ10







悲しみのマリア像

えめ9






ここを出るときに

一緒に旅をしていたソウルメイトたちが

白い羽を拾いました







そのあと、

高いところからドナウ川を見渡せる

素敵な場所へ移動。

ギリシア時代の神殿のようですが

中は博物館で 外は若者たちが

愛を語り合う場所でした。


神殿1








DSC_0275.jpg








神殿3





ちょっと見にくいのですが

不思議に湾曲するグリーンの光が写りました。

太陽は神殿の向こう側にありますので

太陽からの光ではないと思います。

芝生の陰になっている部分にも

半円の光があります





シャスタ以降、

グリーンのまっすぐな光が

よく写り込むようになりましたが

今回は私だけでなく

他のメンバーの写真にも

円形の光がよく写りました。


神殿2






















関連記事

Open