Post

アンコール!!

2017
05
06






このGWも

観たかったDVDをいくつか観れました。

その中でも秀逸だったのが

アンコール!!

イギリスの名優テレンス・スタンプと

ヴァネッサ・レッドグレイブが老夫婦を演じる

ヒューマンコメディと来れば

観ないわけにはいきませんが~。



アンコール1





テレンス演じる

頑固で偏屈な老人 アーサーと

ヴァネッサ演じる

明るく誰からも愛される妻マリオン。

寡黙でとっつきにくい性格が災いし、

周囲から筋金入りの頑固おじさんとして扱われ、

息子とも溝ができてしまっているアーサー。

そんな彼が愛してやまない、

妻マリオンのガンが再発してしまう。

そんな中、彼女が在籍する

ロックやポップスの名曲を歌う

合唱団「年金ズ」が

国際コンクールの選考大会に出場することに。

治療などで練習に参加できないマリオンの代理で

「年金ズ」のメンバーになるアーサーだが、

個性豊かなメンバーや慣れない合唱に面食らってしまう。
                 (シネマトゥデイ より)







アーサーがこの合唱団のメンバーや

息子・孫娘との触れ合いの中で

新たなスタートを切る

笑いと涙の

ありがちな人情ドラマのようですが

いえいえ、とっても奥が深いのです。






頑なで感情のままに 

周囲に失礼な言葉を吐き

妻以外には心を開こうとしない アーサー。





父であるアーサーに

認められたいと思いながら

認めてもらえない、誇りに思って貰えないと

悲しみを抱えながら 

大人になった息子。






気難しいアーサーを

まるごと受け入れていた

聖母マリア様のような 妻マリオンが歌う

彼への歌 「トゥルー・カラーズ」は

温かい愛に満ちていて

思わず涙がこぼれます。






物語中盤、

マリオンは亡くなってしまい

父と息子の軋轢は一層増します。





一筋縄ではいかない アーサーが

妻の好きな

「歌うこと」を体験していくことで

少しずつ 少しずつ心を開いていきますが

最後に聴かせる彼のソロは

亡き妻が歌ってくれた歌へのアンサーソングともいえ

本当に号泣ものです。





「アンコール!!」という邦題は

ちょっと???で

原題 「Song for Marion」の方が

しっくりきます。

邦題ポスターのキャッチも

薄っぺらすぎて全然違います(^-^;





名優 名女優の演技とシナリオの良さは

本当に上質な優しい愛のドラマとなって

心を温めてくれますよ。






アンコール2














関連記事

Open